鬼太郎のふるさと“鳥取県境港の日本酒”

千代むすび酒蔵の景観(正面)

魅力溢れる境港の街並み

また、境港市はカニ、のどぐろ、サバ、アジなどたくさんの美味しい海の幸に出会える町です。

鳥取県境港市にある境港漁港は、紅ズワイガニの水揚げ量が日本一

水木しげる記念館など観光を楽しめる水木しげるロードに千代むすび酒造は蔵を構えており、観光客も酒蔵の中を見学することが出来たり、お食事を楽しめる施設や千代むすび酒造の日本酒が角打ち形式で楽しめる場所も設けられています。鳥取県境港市に来た観光客が地酒を気軽に楽しんでもらいたいという想いで蔵を解放しています。鳥取県を訪問した際は外すことの出来ない場所です。

千代むすびの魅力的な酒造り

1865年に創業した千代むすび酒造は、ゲゲゲの鬼太郎と、作者の水木しげるのふるさとで日本海有数の港町で酒を醸しています。

この蔵の創業は江戸時代末期の1865年で、約150年の歴史を持っています。社長の岡空晴夫さんは5代目の社長ですが、初めは岡空とは言わなかったようですが、明治の半ばに岡空という名になったそうです。蔵のある周りは岡などないように思えるのですが、岡空晴夫という名はその自然が思い浮かぶ芸名のような名前ですね。

仕込み水は中国山地の麓・雲南市大東町に専用タンクを置き、仕込み期間中は毎日、水を汲みに行っています。水を汲みに行く理由は、やや軟水の仕込み水が千代むすびの日本酒に向いているからです。酒造りに使用する米は鳥取県産酒造好適米「山田錦」「強力」「五百万石」「玉栄」を主に契約農家から直接買い付け、酒造りに使用しています。鳥取県の酒造好適米”強力米”の特徴は高度精米に耐えることが可能で、吟醸蔵の千代むすび酒造とは非常に相性の良い酒造好適米です。

ヤブタ式の搾り機などを冷蔵部屋に配置したり貯蔵も劣化を防止する為に冷蔵貯蔵を行うなど、厳しく温度管理をすることで品質管理を徹底しています。 スパークリング日本酒の可能性を追求する千代むすび酒造は日本酒業界でも注目されている、スパークリング日本酒“CHIYOMUSUBI SORAH”を販売しています。瓶内二次発酵で酵母が自然につくり出した自然な泡、芳醇な旨味、にごりのないクリアでスッキリとした味わいは、まさに和製シャンパンと呼ぶに相応しい味わいが特徴的な酒です。新たな日本酒の可能性を感じることの出来る新感覚のスパークリング日本酒です。日本酒を普段あまり飲まない人でも楽しめること間違いなしです。

千代むすび酒造の角打ちスペースは、もとは「蔵入り通り」という名前の無料休憩スペースだった場所を改装して作られました。カウンターには、鳥取県智頭町の特産品である智頭杉の一枚板が贅沢に使われています。

また、カウンターだけではなく桶の蓋を再利用した丸テーブルの立ち飲みエリアや、座って飲みたい方にも便利な椅子のあるスペースもあります。

また、店舗奥の「茶房 蔵や」(10:00~16:30)では緑豊かな中庭の景色を見ながら、充実した日本酒のほか、お酒の仕込み水で煎れた珈琲や焼酎カステラをいただくことができます。

無料休憩所では、実際に酒造りに使用されている「仕込み水」を試飲することもでき、店舗横のギャラリーには一緒に水木しげる先生直筆の絵と酒造りの妖怪フィギア、田の神の巨大フィギアも楽しむことができます。

親から娘へ、娘から孫への伝承を込めた作られた甘酒「糀甘酒」

糀甘酒 プレーン

千代むすびの「糀甘酒」は、濃厚な甘さがありながら、さらりとした後味をしています。「甘酒」は江戸時代から続く日本の伝統的な発酵食品です。発酵食品にはビタミンや食物繊維、アミノ酸などが豊富に含まれています。なかでも「甘酒」は、その効果から「飲む点滴」や「飲む美容液」ともいわれています。

「甘酒」は、江戸時代は夏の風物詩として人気が高く、暑さの厳しい時期に飲むことで夏バテを防ぐ効果がありました。甘酒は、スイカや瓜などの水菓子や心太ところてん、麦湯、冷や水売りなど他の暑気払いの飲食と共に盛んに商人が売り歩きました。俳句の世界でも甘酒は夏の季語になっており、

糀甘酒 レモン

1日100mlを目安に、朝・夜・寝る前などに飲むだけで、腸内環境や心身代謝の向上につながります。また、夏はレモンや柚子を入れて、爽やかに味わったり、はちみつを入れてレモネード風にして飲んでいただくのもおすすめです。


住所:鳥取県境港市大正町131

Follow me!