“洗いに始まり洗いで終わる”英君の酒造り

英君酒造の景観

1881年(明治14年)創業の静岡県静岡市清水区に蔵を構える英君酒造。看板商品はもちろん「英君」で、英君という一度聞いたら忘れないインパクトのある名前の由来は、創業した年が日英通商条約を締結した年だったことや徳川の英いでた君主にあやかって酒銘を「英君」と名付けたのが名前の由来です。

作業効率・清潔な環境にこだわりを持つ

静岡県の酒蔵は醸造技術を盛んに共有し、「洗いに始まり洗いで終わる」という表現で、特に清潔な環境で酒造りをすることを大切にしているそうです。米洗い等の原料処理といわれる作業などにも細心の注意を払って酒造りをするそうです。洗米の際は、静岡県の酒造組合が独自で開発した洗米機を使い、その後、強力脱水機で米のぬかを徹底的に絞りきるなど、ムラが少なくスッキリとした酒質を造ることにこだわりを持っている。他にも杜氏自信が作った噴霧装置など、蔵の設備を省力化したり合理化することで作業効率を上げ、結果として酒質が上がるという考えを持ち、昔ながらの手造りの製法も取り入れて伝統的な製法も守り続けています。

酒蔵から2,3kmほど離れた山の中で流れている

また、先代の蔵元から続いている、“桜野沢”という伏流水を今でも使い続けているなど、水質にもこだわりを持っている。“桜野沢”は、清水区の生活用水としても使われている。現在では、数年前に酒蔵内で発掘できた井戸水が、酒造りの仕込み水として、水質も高く酒造りに適しているということが分かり、新酒を造る際に使用している。

香りが少ない飲み飽きしないじっくり楽しむ酒

五百万石は清涼感のある味わい、山田錦はフルーティーな味わい

英君酒造の日本酒の特徴はどんな食事にも自然と馴染む食中酒タイプの日本酒で優しい味わいで香りが強すぎない飲み飽きしない、じっくりと楽しめる日本酒で、桜えび静岡おでんなど静岡県の食べものと合わせると相性抜群です。蔵元の望月裕祐氏は、できるだけスッキリとした酒質を目指し、この食事に合わせるなどの固定概念ではなく、どんな食事と合わせても飲みやすい日本酒を造り続けたいと想いを語っていた。

また、日本酒もこの味が一番という概念ではなく、どの日本酒も評価されるものであるからこそ、日本酒の魅力の発信を多くの観点から伝えていきたいと語っていた。

住所:静岡県静岡市清水区由比入山2152

Follow me!