オーケストラと日本酒のハーモニーで世界の舞台へ!“菊池酒造”

晴天続く山陽地方で創業

菊池酒造の景観

岡山県倉敷市玉島で日本酒を醸す菊池酒造は、1878年(明治11年)創業の酒蔵です。先代の蔵元から続く伝統的な酒造りと瀬戸内の温暖な気候や高梁川流域の伏流水で日本酒を醸しており、創業当時は「もたえ菊水」という名の銘柄で酒造りを行い、大正に入ってからは現在まで継承されている「燦然」の銘柄で玉島に住む多くの人々に時を経ても親しまれ、愛され続けられてきました。

麹室では布一枚ごとに麹と蒸米を分ける

菊池酒造は、 “伝統を育み、未来に伝えるこだわりの美酒づくり”をモットーに社長杜氏の統制のもと、洗米からしぼりまでの全工程においてきめ細やかな酒造りを行い、「燦然」「倉敷小町」「黒田庄」「櫻冠」などの銘柄を醸しています。

菊池酒造が所在する玉島は、江戸中期に瀬戸内屈指の商港「備中玉島港」で大きく発展した地です。備中玉島港は、米1000石を積めることから普及した大型の荷船「千石船」が行き交う漁港として栄え、多くの物資の流通も可能だったことから「備中玉島港」という名で西から東へと広く各地に知れ渡り高い知名度を誇りました。

岡山の酒的好適米「雄町」

麹作りの糖化が肝にもなるという

山田錦を始めとする優良品種の親として知られている岡山県の原品種米「雄町」は、その9割が岡山県で産出されています。旨味が多く、ふくよかで幅のある味が特徴的で栽培しにくいことから絶滅寸前だったところを、地元の酒蔵が大切に守ってきたという縁の深い品種です。

最適な吸水率も技術の一つ

しかし、雄町は酒造りが難しいと言われており、米がもともと柔らかく山田錦のように大きく米が硬い性質を持っていないため、高精白で磨ききることによる甘み成分の注出には向いていないため、低精白や最適な吸水率を保つためには杜氏や蔵人の繊細な気配りが大事になってくるといいます。

5代目蔵元杜氏の菊池東氏がモーツァルトで築く、酵母の最適なベストコンディション

菊池酒造5代目蔵元杜氏の菊池東氏

菊池酒造5代目蔵元杜氏の菊池東氏は平成元年に蔵元(代表)に就任し、その8年後に菊池酒造の杜氏(醸造最高責任者)となりました。東氏は杜氏という顔ともう一つの顔を持っており、アマチュアオーケストラ倉敷管弦楽団の指揮者として活躍し、ヴァイオリニストも兼任しているそうです。

そのため、蔵祭り等のイベントでは酒蔵で東氏自身が指揮者としてコンサートを主催し、音が反響しやすい酒蔵の構造を活用した巧みな演奏を奏でています。また東氏は自身の音楽に対する感受性を活用し、仕込みにモーツァルトを流す変わった製法を取り入れています。

人と微生物と音の対流で日本酒を醸す

酒造りの期間に蔵内で流れるモーツァルトの音楽のリズムと旋律から出てくる高周波が、酵母に刺激を与え、快感を与えるといいます。そのため、仕込みの最終段階に至るまで酵母が活き活きと育ち、雑味の少ない、体に透き通るような綺麗なお酒に仕上がるといいます。

一説では、人間の聴覚機能の改善、向上にも良いと言われており、モーツァルトから出てくる高周波が刺激となり快感につながるため、脳のエネルギーを活性化すると言われてます。

岡山県の酒米“雄町”で醸した酒「燦然」

菊池酒造の銘柄「燦然 特別純米 雄町」

岡山県の酒造りに適した最良の米「雄町」と優れた水質を誇る高梁川の伏流水で醸された「燦然 特別純米 雄町」は、幅のあるなめらかな旨味とコク、そして後味のキレによる辛口な味わいが特長的です。ワイングラスでキンキンに冷やした状態で飲むとキレが増し清涼感が向上します。

相性の良い食事は塩焼鳥や天ぷら、おでん、味の濃い中華料理などとのマリアージュがオススメです。銘柄の由来は、「数ある酒の中で一段と光り輝く素晴らしい酒」として多くの飲み手に届け、記憶に残るようなお酒を目指したいという所から「燦然」と命名したといいます。

佐藤大輔氏が考える日本酒の日本から世界のマーケットへの発信

菊地酒造専務の菊地大輔氏

菊池酒造の専務である菊池大輔氏は、元は早稲田大学院でロボット研究について学び、日立製作所の研究所で研究者の道を歩んでいました。しかし、2009年の秋、父の東氏から「長年誇りを持って続けた酒造りで多くの人を喜ばしてきた。ここで廃業してしまったら、今までうちの蔵の日本酒を好んでくれている人たちに悲しい想いをさせてしまう。だからこそ、小さい頃から酒造りを見てきた大輔に酒蔵を継いで欲しい。」と告げられたといいます。

菊池酒造の代表銘柄「燦然」

「100年以上続く伝統の酒蔵をここで廃業させたら絶対に後悔する」そう感じた大輔氏は、自分のロボットに対する探求のために身につけてきた知識技術を酒造りに活用できるのではないかと奮起し、翌年の2010年に家業を継ぐことを決意したといいます。

蔵に戻ってからは国内だけでなく、世界市場を視野に入れた経営を開始し、酒蔵のパンフレットやホームページは英語で作成するなど、外国人の方に対する配慮から始めたといいます。それを見た東京の大手問屋の社長からアメリカの輸入問屋に紹介したいという話を受け、父の菊池東氏とアメリカへ直接訪問し自らが培ってきた語学力で菊地酒造の日本酒のこだわりを伝えてきたといいます。

醸造時術が決め手でもある日本酒

穀物から作られている日本酒はワインよりも普段食べるお米から造られているため、自然な甘みや苦味、辛味、酸味が表現できるのが最大の強みであり、各国の外国人にワインよりも日本酒の方が食事とのペアリング能力は高いと評されることが多いといいます。

しかし、海外では評価はされているものの、国内の方達にはまだ日本酒を通して感動を与えきれていないことが最大の課題だといいます。だからこそ、地元の人が気軽に購入できて毎日でも飲み飽きず、記録より多くの人の記憶に残る美酒を醸し、できるだけ多くの人たちの手もとに届けていきたいと語ってくれました。

住所:岡山県倉敷市玉島阿賀崎1212


Follow me!