岡崎酒造が信州上田の地で”綺麗”な美酒を醸す。

「真田氏」が築いた難航不落の城“上田城”

長野県上田市の名城“上田城”は、真田幸村の父、真田昌幸によって築城されました。上田城は第一次・第二次上田合戦で徳川軍を二度にわたり撃退した難攻不落の城としても有名で、日本百名城や日本夜景遺産にも登録されています。

信州の伝統食で信州名物でもある“信州そば”

古くから伝承されてきた七割蕎麦という製法で生まれた信州蕎麦は、蕎麦の風味が豊かです。

信州は、“蕎麦切り”発祥*1の地と伝えられています。長野県は、昼夜の寒暖差が大きく、水はけのよい山地の畑が蕎麦の栽培に適しており、良質の蕎麦が穫れることから“信州蕎麦”として全国的にも有名になりました。信州蕎麦は風味が良く、高原の冷たい水で締められるため、ツルりとした喉越しが特徴です。

大河ドラマやアニメの舞台でも有名になった長野県上田市

真田三代の郷としてよく知られる「上田市」は、古くから信州の政治や文化の要所として歴史を紡いできた町です。その上田市は、2016年にNHKにて放送された「真田丸」の舞台でもあり、戦国乱世の最後を飾った勇将・真田幸村の人物像や、上田市に残されている史跡等が放送後に大変、大きな注目を浴びました。また、ドラマだけではなく細田守氏のアニメ映画「サマーウォーズ」、「未来のミライ」の舞台にもなっています。映画監督の細田守氏の奥様が上田市出身ということもあり、数多くのシーンで長野県上田市が舞台となっています。

ちなみに、信州亀齢を醸造する岡崎酒造も細田守氏のアニメ映画”未来のミライ”の一部のシーンで登場しており、日本酒ファンには堪らないシーンになっています。

岡崎酒造が信州亀齢を醸造することで上田の地を知ってもらう。

岡崎酒造の景観(正面)

創業1665年の岡崎酒造は、長野県上田市の城下町”柳町”で350年以上、日本酒である“信州亀齢”を醸し続けています。

信州亀齢ののれん(少し前では、白の暖簾だったそうです)

柳町は、北国街道の宿場町として栄え、かつて旅籠屋や商家が軒を連ね、呉服屋だけでも25軒あったと伝えられています。他にも面影を残す街並みは白い土塀に格子戸のある家、古道具屋などの他にも、信州そばや上田名物のニンニクを効かせた”美味だれの焼き鳥屋”、また天然酵母で発酵させたベーカリーやご当地スイーツなども楽しめるお店が並んでいます。

水は信州の名水として知られる菅平水系の良質な軟水を使用し、積極的にひとごこち・美山錦等の長野県産の酒米で日本酒を醸しています。

岡崎酒造の杉玉と看板

美酒を醸すことで地域に注目が集まり、現代の社会問題にもなっている地方の人口減少に歯止めをかけることも可能なのではないか、昔のように酒蔵を中心とした地域形態を取り戻せるのではないかとも考えているそうです。

美しい水田が織りなす“稲倉の棚田”

稲倉の棚田の景観

“信州亀齢”を醸す長野県上田市の岡崎酒造は地域の観光資源である棚田を後世に残すために、棚田の保全活動にも取り組んでいます。

稲倉の清らかで透き通った水で育ったひとごこち

岡崎酒造で使用する原料米”ひとごこち”の一部を日本棚田百選にも選出されている、稲倉の棚田で子供から年配の方まで、地域の方々と協力しながら、田植えから稲刈りまでを行い、米の栽培をしています。田んぼを活用する事で保全に繋げることが狙いだと話してくれました。

太陽の光と穏やかな風を受けて乾燥したお米は、一粒一粒旨味が凝縮されているそうです。

現在はオーナー制度という形で、都心からも多くのオーナー希望者が来訪することも多いそうです。土地の息、景観、そこに携わっている人を直接目で見てもらうことや、肌で感じてもらいたいからこそ、田んぼの価値をもっと多くの方に知っていただけるイベントも開催していきたいと語ってくれました。

若い夫婦が起こした”信州亀齢”の奇跡の物語

岡崎酒造12代目蔵元 岡崎美都里氏

2003年から、岡崎酒造の杜氏を務めるのは12代目蔵元の岡崎美都里氏です。美都里氏は岡崎家の三姉妹の末っ子として生まれ、長女と次女は違う仕事に就いていたこともあり、親が楽しそうに酒造りをしていた姿や、冬に若い蔵人が来て酒造りする様子を見て、蔵を継ぐことを決意したそうです。女性杜氏は日本に20人前後と伝えられており、その内の1人が美都里氏です。

美都里氏の経歴は酒蔵を継ぐ準備の為に東京農大で醸造学を学んだ後に、大手酒販売会社に就職し、酒蔵と酒屋の関係性や流通、経営を学び、岡崎酒造に戻りました。そして、代々続く岡崎酒造の杜氏からも技術を学び、信州の自然で出来る最高の日本酒を目指して、2003年に岡崎酒造の最高醸造責任者である杜氏を努めることになりました。

岡崎酒造の代表 岡崎謙一氏

それから、美都里氏は東京農業大学時代に同じサークルに所属していた、現在の夫で岡崎酒造の代表を努める岡崎謙一氏と結婚されて、2013年からは夫婦2人による酒造りが始まりました。2013年までは、謙一氏は既に美都里氏とは結婚されていたものの、岡崎酒造での酒造りには加わらず、第三者の立場として美都里氏に意見を伝える程度だったそうです。謙一氏が酒造りに加われなかったのは、その都、東京都庁に努めており、岡崎酒造が蔵を構える長野県上田市から東京都庁まで毎日、新幹線通勤をしていたからです。

その様子は新聞でも伝えられて、地域では有名な話だったそうです。そこから現在に至るまでに、東京都庁を退職されて、2013年からは美都里氏と謙一氏による酒造りが始まったそうです。しかし、謙一氏が話してくれた内容からは現在の信州亀齢が生まれる現場とは違い、厳しい状況や環境が思い浮かんできました。

蔵では陶器なども多く展示されています。

2013年、当時は試行錯誤の連続で、蔵は廃業寸前、良い酒を醸す為に必要な道具も十分ではありませんでした。そこで未来のミライに信州亀齢を繋げていく為に頼ったのが岩手県二戸市で南部美人を醸す、株式会社 南部美人の5代目蔵元の久慈浩介氏でした。久慈氏とは東京農業大学時代の先輩後輩で、青春時代を共に過ごした同志でもありました。久慈氏から伝えられたことは「環境が十分では無くても、美味しい酒は醸せる、今できることを最大限にやろう」というアドバイスでした。

「もっと酒の質を上げたい」と奮起し、取り入れた新しい甑

そのアドバイスをしっかりと胸に刻み、夫婦2人で、まだ外が暗い早朝から夜遅くまで酒蔵の中で作業を続け、いくら時間がかかっても丁寧な酒造りを辞めることはありませんでした。その圧倒的な努力が実を結び、2015年に開かれた、第86回関東甲信越国税局酒類鑑評会にて最優秀賞を受賞しました。表彰式では喜びと今までの大変な苦労を思い出して、涙が自然と溢れ落ちたそうです。

ギャラリーでは、美しく飾られた信州亀齢が展示されています。

この夫婦2人の丁寧な酒造りから出来上がった日本酒“信州亀齢”は、軽快な口当たりと口に含んだ瞬間にシュワシュワとするガス感があり、フレッシュで信州の土地に相応しい、青リンゴのような爽やかな香りと、ジューシーな、一度飲んだら忘れない記憶に残る味わいが特徴的です。350年続く小さな蔵の若い夫婦がおこした信州亀齢の奇跡の物語はこれからも続いていきます。

住所: 長野県上田市中央4-7-33

Follow me!