大都会に蘇った酒蔵“東京港醸造”

東京港醸造の景観(正面)

実は歴史ある酒蔵

東京タワー、増上寺からほど近い東京都港区芝に東京港醸造はあります。1812年からこの地で造り酒屋を営んでいた若松屋は後継者問題や酒税法の変化を理由に1911年に廃業してしまいました。しかし、幕末動乱の時代を生き抜いた若松屋の歴史と伝統に敬意を払い、代々受け継いがれてきたこの地に100年ぶりとなる2011年に「東京港醸造」と名前を変えて復活しました。

東京港醸造の看板

都心での酒造りは日本酒業界において大変あたらしい取り組みで、清酒製造免許を2016年に取得するまでに5年という非常に長い歳月がかかりました。東京都港区の大都会に蘇った東京港醸造の洗練された味わいの日本酒「江戸開城」を楽しんでいただきたいです。

江戸開城の魅力

東京港醸造の代表銘柄「江戸開城」
写真奥は、西郷隆盛が酒代替わりに書き残したとされる書

“江戸開城”の特徴はタンクごとに仕込みを変えて、酵母やアルコール度数、製造方法を変化させることで、味わいの変化もさせています。

時代の変化に沿って、多種多様な日本酒を作っている

生きた乳酸菌を使用した、新たな手法用いた“Palla-Casey”という変わり種の日本酒もあり、常に変化する大都会・東京を表現するような新たな挑戦をした日本酒が揃っています。

住所:東京都港区芝4-7-10

Follow me!